2006年09月14日

ローコスト住宅 ≒ 安かろう悪かろう ≠ されどがんばる派??

ジェイ石田では予算が厳しいけど頑張って、
個性的な家づくりに取り組むオーナーたちを(されど)がんばる派、
超がんばる派
と命名して応援しています。
中にはご自分でコテを持って左官屋さんになったり、
ハケを持ってペンキ屋さんになったりするオーナーさんもいらっしゃいます。

selfbuildオーナーの施工した左官壁














それはただ単純にローコスト住宅を創るのではなく、
壁はクロス張の予算しかないけど
地中海やバリのリゾートのような「夢の我が家」を手に入れるジェイ石田の一つの手法です。
クロス張りにしてもプロに頼めば当然、手間代がかかります。
その費用で左官の材料だけを購入していただき、
ご自分で仕上げて( 手間代=0 )夢を実現することが可能です。
どちらが楽かといえば、我々も施工者も、
そして皆さん方も普通にクロス屋さんがクロス張りの方が断然、楽です。
ところが、「夢の生活」を得るばかりでなく、ご自身の人生の記憶、
お子さんがいらっしゃれば「親の背中」をしっかり印象づけられる精神的なものまで
得ている
のではないかとよく考えます。
・・・よく頑張ったなぁ、もうあの苦労はしたくないとか、・・。
・・・意外と自分に向いていたけど、自分の家だからできたんだ・・。

商品開発だけして人件費の安い国で作らせて「えーっ、これで○○円 !!」とかと同じ次元で
ローコスト、ローコストとテレビで持ち上げて「えーっ、これで坪○○万円 !!」
とかよくやっていますが、裏話を聞くと・・・・・。
溜め息も出ません。
飽きたり壊れたりしたら「家」は捨てられるのでしょうか??
ただ「安かろう悪かろう」の家づくりではなく、「されどがんばる派」を応援しています。
無理強いは勿論しませんが、ガンバリますか ?

ローコスト住宅は、一般的には、1300万円〜1800万円ぐらいの家を言いますが、
坪単価の安いものもそれに当たります。

されど素敵な我が家を望むチャレンジャーをお待ちしています。



トラックバックURL

この記事にコメントをどうぞ !

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔